おまとめローン保証人無しで一本化,おまとめローンを上手に使って自己破産や債務整理しか方法がないと言われた方、現在債務整理中や過去に法的手続きをした方、あきらめないでおまとめローン一本化で悩みを解決
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
貸金業協会
貸金業者の自主規制団体である「日本貸金業協会」は28日、協会員に対する初の書類監査を開始した。加盟する4135社の消費者金融業者、クレジット会社などを対象に、社内規則の策定状況や内部管理体制の整備状況などについて、書面で報告を求める。 貸金業協会は、改正貸金業法の本格施行に伴い、多重債務問題の抑制などを目指して昨年12月19日に発足した。同法に基づき、加盟業者への書類監査を毎年実施するほか、5年ごとをめどに立ち入り監査も行う予定。 今回は初年度のため、「協会員の法令順守意識の改革を図る」として、経営管理や顧客の個人情報管理をはじめ、本人確認や苦情対応への体制、勧誘、過払い金支払いなど業務全般にわたる社内規則や内部管理体制の整備状況について、計220項目の報告を求める。 回答期限は3月27日までとしており、重大な問題や法令違反の疑いがあれば、確認の上で処分も検討する。また、5月末をめどに回答内容を取りまとめて公表し、「貸金業の業務適正化と借り手の利益保護に役立てたい」としている。
          ブログランキングに参加しています
          FC2 Blog Ranking
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。